選挙でクソかっこわるい人

行政書士法人スマイル/石川県の行政書士事務所/SDGs導入・取組支援/起業支援/会社設立/企業法務/コンプライアンス/法務顧問/許認可申請/契約書作成/はお任せください!

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

選挙でクソかっこわるい人


いよいよ始まりましたね

参議院議員選挙の選挙戦。

 

 

 

 

 

 

始めに断っておきますけど

選挙はなるべく(必ず)行きましょう。

 

 

 

よくあたりまえのように語られることだけど

 

 

 

選挙に行かないで

 

「政治がダメ!政治家がダメ!」とか

 

いっている人が

 

最悪にかっこ悪い

 

 

 

 

かといって

選挙には行っているが、

それでも政治や政治家に文句いっている人も

 

私からすればかっこ悪い

 

今の日本で行われている政治は

私たちが、過去の選挙でで行った

行為の結果ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自慢じゃないですが

私も若い頃は選挙なんて行きませんでしたよ。

 

でも、政治と政治家に文句を言ったり

愚痴をこぼすことなんてしなかった。

 

 

『私は選挙に行きませんが、

 政治家の方々が行っていることには

 黙って従います!』

 

…というスタンスで

堂々と胸を張っていました。

 

 

 

でも、

それはそれで今思えば

 

クソかっこ悪い…。

 

 

 

 

 

 

そもそも

“かっこいい・かっこわるい”という考え方が

スーパーダサくて

 

 

選挙に行って

その結果である政治には

黙ってついていく

 

 

というのが私たち国民のあるべき姿かと。

 

 

 

これは、

政治に対して意見をしてはダメ

と言ってる訳ではなくて

 

 

意見はどんどん国民も出せばいい

 

 

ただし、過去の結果に文句言うのは

本当におかしいと思う。

 

 

 

 

過去の結果に文句を言ってもいい人は

 

その過去をも受け止めて

自分で未来を変えようと

 

自らこのような選挙に“立候補”する

“被選挙権”を行使しようとする人だけ

 

だと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

何を言いたいかというと…

 

みなさんもう少し政治家の方々を

信頼しても良くないっすか?

 

 

 

何か政治で不手際があると

メディアが作り上げた世論に押されて

 

まるで『自分は政治に詳しいです!』

(本当は知らないくせに…)

 

ここぞと言わんばかりに文句や愚痴を

ガツガツ言う人…

 

 

マジかっこ悪いですよ!

 

 

 

そんな人って本当に

政治家の方々って本当に

仕事してないって思ってるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

(本当に自慢じゃないですが…)

 

こんな私にも

暇なときに電話すればすぐに出てくれる

 

地元の町会議員や

市議会議員に

県会議員…

 

そして元国務大臣の国会議員の知り合いが

いたりする。

 

 

 

 

 

彼らみんな

本当に頑張っていますよ。

 

 

休みなし・永遠に睡眠不足って

 

決して大げさな表現じゃない。

 

 

 

 

そうやって、

私たち国民のためを思って

がんばっている人へ

 

 

 

私たちが、ある日曜日に

近くの役所か公民館か体育館にいって

 

ほぼ一瞬で終わる投票するだけで

 

満面の笑みで喜んで

さらに頑張って仕事してくれるんですから

 

 

 

選挙に行くって凄くコスパの良い行為

 

だと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

むかしは選挙に行かなかったこんな私ですが

 

ひょんなことから

政治との関わりが強い“法律家”と呼ばれる

“行政書士”になるための勉強し始めて

 

行政書士の勉強をしはじめることで

 

 

 

憲法と法律の違いを知り

 

衆議院と参議院の違いを知り

 

大臣と国会議員の違いを知りました

 

 

↑実際にこんな勉強をします)

 

 

 

そして今、行政書士となり

選挙には自分の考えをもって

必ず投票にいくことにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えると

 

私たち法律家である行政書士の仕事というのは

 

 

 

役所に出す許可申請の書類を作ったり

 

遺産相続分割協議書や離婚協議書や

 

契約書を作ったり

 

 

 

会社を退職した人が起業家となって

新たに創業・起業を志し、

そして会社を新たに設立するための

定款などの手続き書類を作ったり

 

 

そんな起業家や経営者の相談に乗ったりする

 

“だけではなく”

 

 

 

あなたが

正しい知識と心構えをもって

確実に選挙の投票所に足を運ぶよう

 

アドバイスを差し上げる。

 

 

その結果、

クソかっこわるい選挙人を減らす。

 

 

そんなことも

法律家である行政書士の仕事であり

使命であるとも言えるのではないのでしょうか。

 

 

いや、そうありたいと思います。

 

 

 

 

どうか、この国の未来に

夢と希望がもてますように。

 

 

 

 

トップ画面へ戻る