株式会社の機関設計の基本ルール

行政書士法人スマイル/石川県の笑顔が特徴の行政書士です!石川県の会社設立/起業支援/企業法務/コンプライアンス/法務顧問/許認可申請/契約書作成/支援はお任せください!

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

株式会社の機関設計の基本ルール


石川県で会社設立・企業法務専門の
行政書士をしています、
行政書士法人スマイルの出見世です!

アクセスありがとうございます!
皆さまとのご縁に感謝いたします!

 

 

 

今回のブログでは、前回のブログに引き続き、

“株式会社の機関設置”について

ご案内いたします。
前回のブログ【クリック】

 

 

株式会社は、大中小・零細企業を問わず
株主総会+取締役の設置は義務付けられますが、

原則として、
それ以外の機関を設置するかは自由です。

(期間を設置するときは定款で定めます)

 

 

ただし、会社が成長するのに合わせて
対外的信用を得るには、それに相応しい
機関設計をするべきでしょうし、

 

法律(会社法)でも、株式会社の成長度合いや
ある期間を設置するなどの場合であれば、
特定の機関を設置しなければならないという

『基本ルール』を定めています。

 

 

 

 

その『基本ルール』をまとめたものです!↓↓

 

 

 

ちなみに、なぜ、このような機関設置のルール
定められているかというと、

 

会社は大きくなればなるほど、
市場や経済に与える影響は大きくなりす。

 

それこそ、有名巨大企業レベルになると
その地域だけではなく、国内や世界経済にも
影響を与えかねません。

(かつてのリーマンショックが良い例です)

 

 

 

 

 

そのため、法律は、
株主の保護、債権者の保護などの観点から
このようなルールを定めている訳ですね!

 

 

前回とブログと同様に、
会社のオーナー・経営者の方々は
こちらの表にかいてあること全てを
覚える必要はありません!

 

(※行政書士試験・司法書士試験の受験生の方々は

  必ず覚えてください!頻出分野です!)

 

 

 

 

 

皆さまの会社にとって、
どのような機関設計が相応しいかどうか?
は、行政書士や司法書士・弁護士など
お近くの専門家を活用してください!

 

 

行政書士法人スマイルは石川県の
会社設立・起業支援 専門行政書士事務所です!

 

具体的な会社設立の手続き指南から
今回のブログのような会社の運営に関する
法律・法務・コンプライアンス指南まで

 

誠実・謙虚・さわやか・にこやか がモットーの
行政書士が、起業家の皆さまを
全力でサポート致します!

 

初回出張相談は無料!
是非、皆さまの起業の悩みをお聞かせください!

 

行政書士法人スマイルと共に
皆さまの“夢”を叶えませんか?

 

きっと皆さまを“笑顔”にして差し上げます!

 

 

 

【お問合せ先】
行政書士法人スマイル
担当行政書士:出見世(でみせ)
お電話:076-216-7784(直通)
メール:info@gyouseishoshi-smile.com