一般財団法人とは

行政書士法人スマイル/石川県の笑顔が特徴の行政書士です!石川県の会社設立/起業支援/企業法務/コンプライアンス/法務顧問/許認可申請/契約書作成/支援はお任せください!

076-216-7784

営業時間 平日:9:00~21:00

一般財団法人とは


石川県で会社設立専門の行政書士をしています、行政書士法人スマイルの出見世です。

 

アクセスありがとうございます!皆さまとのご縁に感謝いたします!

 

以前のブログで、法人の一形態である『一般社団法人』についてご案内いたしました。

以前のブログ⇒一般社団法人とは?

 

 

簡単に復習すると

株式会社は、株主の出資金を本(もと)に、営利(利益)を目的とした法人であり、

 

対して

一般社団法人は、人の集まりを本(もと)に、営利(利益)を目的としない法人です。

 

 

今回のブログでは、皆さんもよく目にしたり、耳にしたりすることがある

『一般財団法人』について簡単にご案内いたします。

 

『一般団法人』

『一般団法人』

 

たった一文字違いですが、その形態もなんとなく似ています。

 

両者ともその存在根拠は、

『一般社団法人及び一般財団法人に関する法律』という法律にあります。

 

※ちなみに、株式会社や合同会社などの持分会社の根拠は『会社法』にあります。

 

まず結論ですが、

一般財団法人とは

『“財産”の集まりを本(もと)にした、

営利(利益)を目的としない法人』ということになります。

 

具体的に説明すると…

 

ある設立者(発起人)が居たとしますね。

株式会社の場合は、その設立者が発起人となって株式を発行し出資を募って設立し、

一般社団法人の場合は、その設立者が2名以上集まって設立し、事業運営を行いましたが、

 

一般財団法人の場合は、設立者が(1名でもOKです!)、300万円以上の提供して、その財産を、その法人が定めた目的を行うために利用し、事業の運営を行います。

 

例えば、多大な財産をお持ちの方が、社会貢献事業等を目的として“基金”等を立ち上げたりする場合に、この財団法人を設立される…このようなお話を、皆さまも一度は聞いた事があるのではないでしょうか。

 

また、株式会社、合同会社や一般財団法人にも、その設立要件や存在要件に法律で定められた

『機関設計』が必要だったように、

以前のブログ⇒一般財団法人の機関設計

 

一般財団法人も、その機関設計は独自の規定があります。(詳しくは改めてご案内しますね。)

 

行政書士法人スマイルでは、株式会社や合同会社設立以外にも、

このような色々な形態の法人設立を応援しています!

 

ご興味ある方は、是非お話をお聞かせ下さいね!

 

きっと皆さまを笑顔にします!